施工例

リチウムイオン電気備蓄装置(蓄電池)の設置例

2011.09.03
大和市 A様邸 葺き替え改修工事 その4
お客様情報
屋根材を剥がし下地を張り替えます。
仕様
屋根材は築30年程前のフルベスト

屋根工事の進行具合を大凡ご説明しますと、現場状況にもよりますが、朝から解体作業を始め5〜6時間で野地合板の張り込みを終える工程となります。その後防水シートを張り込み写真にはありませんが、水切り材の設置を行った後、資材の荷揚げ、屋根材本体を張り込んでいきます。


  • 屋根全体にカラ―ベスト クァッドを張り込みました。

  • 降り棟から順に笠棟の下地となる貫板を止めていきます。

  • 貫板に笠棟をかぶせ笠棟を設置し終えました。

  • 全ての施工が終わり、完了の写真を撮影します。解体前と同じ場所から撮影しました。
  • ダウンロード: 
  • ダウンロード: 
  • ダウンロード: 
  • ダウンロード: 
page top
page top