屋根葺き替え

屋根葺き替えご提案例 − アイジーガルテクト

屋根葺き替えのご提案例 ―アイジーガルテクト
施工中

ガルバニウム鋼板によるカバー工法の為、既存屋根材は板金のみの撤去となり既存のコロニアル材はそのまま剥がさずに屋根をリフレッシュする事が出来ます。(町田市 K様邸)

施工手順1 現地調査時に屋根材の状況下地の状況を確認します。 施工手順2 既存棟板金と板金下地材は撤去します。
施工手順3 板金撤去後に両面防水テープを軒先や棟に張り込みを行います。 施工手順4 軒先に水切り材を取り付けします。
施工手順5 カバー工法で、ルーフィングを張り込む際タッカー止めが出来ません。
両面防水テープにてルーフィングを張り込みます。
施工手順6 ルーフィング材を全体に張り終えました。
施工手順7 隅棟に差し棟用下地材を設置します。 施工手順8 屋根材本体の張り出し。
施工手順9 雪止め金具の設置状況 施工手順10 ガルテクトのジョイント下地
施工手順11 本体の張り込みを終え隅棟、大棟の施工に入ります。 施工手順12 差し棟設置状況
施工手順13 大棟板金の設置後 施工手順14 全体完了写真
page top