屋根葺き替え

屋根葺き替えご提案例 − ICたてひら スタンビー

屋根葺き替えのご提案例 ― ICたてひら スタンビー
施工中

屋根の中間付近から雨漏りの状況がありました。また、屋根材のクラック数も大変多くありお客様が板金屋根への葺き替え工事を希望されて来られました。(神奈川県小田原市 S様邸)

施工手順1 現地調査では、屋根材の状況や下地材の状況を把握いたします。 施工手順2 スリット入りのコロニアル(アーバニー)の表面にクラック補修痕が多数みられます。
施工手順3 屋根の一番高い所を大棟といい板金の浮き上がり等を確認します。
板金部分に錆び出ている状態でありました。
施工手順4 建物の勾配方向が長い為、縦平葺きの場合採寸がとても重要となります。
施工手順5 荷揚げ場所等を確認いたします。 施工手順6 屋根材の解体は、1枚づつ剥がします。既存の材料にはアスベストが混入されており、作業者は防塵マスクを着用いたします。
施工手順7 雨上がり後の解体工事の為、材料の重なり部分では、毛細管現象が起きており、雨漏りを起こしておりました。 施工手順8 屋根一面にラーチ合板12mmを張り増しします。
葺き替え工事では、必ず厚みの問題が発生するので調整が必要となります。
施工手順9 軒先には捨て唐草(水切り)を取り付けます。 施工手順10 アスファルルーフィング等では、下葺き材表面をタッカーで合板下地へ打ち留めますが、使用している片面粘着ルーフィングではタッカー止めが一切不要で防水シートとしては上級のグレードとなります。
施工手順11 全体の下葺き作業終え屋根材本体の張り込み作業を行います。
施工手順12 1枚づつ縦に張り始め7列を終えた所、大きな開口部が屋根面にあるため、張り始めの1枚は非常に緊張する瞬間となる。
施工手順13 ICスタンビー 葺きあがり写真。
page top